「幸せ」=「感謝する心・感謝されること」

  • 2006.11.19 Sunday
  • 11:39
 僕の小さい頃の話をします。
僕は九州の熊本で生まれました、
松橋町と言うところです、今は合併して名前が変わっていると思います。

家はメチャクチャ貧乏で、生活保護を受けなくてはいけないくらい貧しかったのです。

ただこの当時、まわりには貧乏な人が多くそれほど意識することはあまりありませんでした。

父親はシベリア抑留生活を終え、日本に帰ってきましたが仕事はなく日雇い労働をしていました。父と母はいつも夫婦喧嘩をしていましたね。

だから「不幸」かと言えばそんなことはなく、今思えばこの当時のことは懐かしく良い時代だという思いで一杯です、家族があり兄弟がいて、なぜか「幸せ」な時代だったように思います。
小学校のころ、欲しい物は買ってもらえず、自転車などは友達から壊れそうな物をもらいました、それも小学校の6年の時でした、それまではみんな自転車を持っていましたから行くところ行くところ走ってついて行っていました。(おかげで足は強くなりました)

当時は物質的な満足がなくても自然の中で遊べていましたのでそれなりに楽しかったのです。

その時は家が貧しいことも自分なりに理解できていましたし、子供心に親には買って欲しいと言うことも一言も言えませんでした。

そんなことを思い出しながら「幸せ」について考えるようになりました。
「幸せ」とは何なんでしょうか、よく考えてみるとあることに気づきましたそれは「感謝する心」だと言うことです。
もう一つ付け加えるなら「感謝してもらえること」、とも言えるような気がします。


僕の場合はこの二つがあれば「幸福感」を味わうことが出来ます。

仕事上の話ですが、色々と誠意を見せて色んな事を(無償で)してあげても、当たり前と思われたり。感謝されない、またはそれに対してひどい人は文句を言人もいます、僕も心がそれほど大きくないので、その繰り返しをされると、合わない人だと思い自分からさよならします、それはやはり「幸福感」がないからです。大きな仕事をしてお金がたくさんもらえても「感謝されない」仕事は幸福感を味わえません。

そういう意味で言うと幸せとは、お金の多い少ないではないのです。
お金の多い少ないでははかれないのです。

僕は今の時代この「感謝すること」・「感謝されること」=「幸せ」と言う方程式を心の底から分かって欲しいのです、お金は極論を言えば生活できるだけの物があればそれで良いと思います。死んだらお金は持っていけませんし、変に遺産を残すと争いが絶えません(不幸の基になる可能性もあります)。

物質(金銭)的な満足は瞬間です、高価な物(大金)を手に入れたときは瞬間は幸せな気分になりますが次の欲望が出てきます、お金や物があれば幸せという人もいるかもしれませんが、?如何でしょうか。

あのカーネギーでさえ自分が病に陥ったときどんな大金を払っても良いから病気を治したいと思ったそうです。(お金では買えない物もあるのです)

この物欲的な今の時代にもう少し「心」の方からのアプローチが必要だと思いませんか?
コメント
貴方が育った松橋の町はまだ存在してます。
存じないのは、故里に縁を繋げて居られないのでしょう。繋がる人が居なくても育ててもらった土地を見捨てないで下さい。くだらない人間の手で身近な風景は変わってしまっていますが、空の色と吹く風と周りを包む遠くの景色はたぶん昔のままです。現在の生活の場がどこか知りませんが、たまには故里の景色を見に来てください。多分何か得る物があると思います。思い出をくれた山河に感謝。
  • 松橋の異邦人
  • 2007/05/01 9:44 PM
松橋の異邦人さんへ
コメントありがとうございます

>松橋の町はまだ存在してます

そうですね、失礼しました、ただ僕がいた当時は、下益城郡といっており今は合併してしまったようですね。それが言いたかったのですが少し舌っ足らずでした。

6歳までしか住んでいませんでしたので近所の神社やみかんの缶詰工場など具体的な名前は覚えていません。その後熊本市内に移り住みそこで小学校生活を送りました。
若葉町というところです。

その後は、実家が(今はありませんが)長洲にありましたのでなかなか松橋まで足を延ばすことはありませんでした。ネットで調べると今はずいぶん変わったようですね、私が住んでいたのは40年も前ですからね。

>空の色と吹く風と周りを包む遠くの景色はたぶん昔のままです
ホント良いところだとおもいます、とても懐かしい気分です。

熊本はホント良いところだと思いますよ。
  • ヨシヲ
  • 2007/05/08 1:10 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    yoshiwo (08/05)
  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    さき (08/04)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    すず (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    はるく (06/24)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    ヨシヲ (06/23)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    はるく (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    ヨシヲ (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    はるく (06/10)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM